江戸川区西小岩発のスポーツサイクル専門店 サンクスサイクルラボ 133-0057 東京都江戸川区西小岩5-12-12
TEL  03-6458-0905

はじめに
江戸川区や葛飾区、市川市周辺にお住まいの方で、近くのスポーツバイク専門店を検索されてこのページに辿り着いた方。
なんとなくスポーツバイクに興味があり、なんとなく検索したらこのページが出てきてなんとなくクリックしてみたという方。

サンクスサイクルラボのページにようこそいらっしゃいました。

そしてこのページをクリックした多くの初心者の方、訪問ありがとうございます!

ここへ来たということはスポーツバイクについて何かしら不安があったり、分からないことがあるからかもしれません。
例えば購入を検討しているけれども、どんな物を選んだらいいのか?どうやって買ったらいいのか?どんな事ができるのか?どんな世界があるのか・・・?
そして自分にスポーツバイクなんか乗れるのか? 乗って楽しむ事ができるのか?

大丈夫、安心してください。
そんな不安や疑問を解消し、自転車生活を楽しんで頂くのがサンクスサイクルラボですから。
安心してください。

では、ゆっくりと進めていきましょう。
スポーツバイクとは?
それでは、まず一番基本的な事から始めましょう。
そもそもスポーツバイクってどんな自転車なんでしょう?

それはその名の通り、「スポーツ、運動をするための自転車」と言えます。
例えば、日本で一番知名度と利用頻度の高い自転車といえば俗に言う「一般車、通称ママチャリ」でしょう。
一般車は移動手段や荷物の運搬を主な目的とした車種です。

それに対して運動を主な目的としているのが、スポーツバイクとなります。

 なんでスポーツバイクに乗るのか?
移動するだけならば一般車でも十分でしょう。
スポーツバイクに乗る理由はありません。

実はわりと多くの方が、スポーツバイクに乗り始めるキッカケが運動不足解消やダイエットだったりします。
いわゆる健康維持ですね。
やはり運動するための自転車ですから、体に負担が少なく高い運動効果をもたらしてくれます。

その高い運動効果の理由としては乗車姿勢が挙げられます。
一般車の乗車姿勢は殆ど前傾姿勢をとらないため、サドル(椅子、座席ですね)の上にほぼ全体重が乗ります。
{ママチャリ乗車画像}
短距離の移動であれば全く問題はなく、姿勢が一見楽なのでどんな方でも苦労することなく乗ることができます。

それに対してスポーツバイクは少なからず前傾姿勢をとるようになっています。
{スポーツバイク乗車画像 クロス・MTB・ロード}
この前傾姿勢をとる事が非常に重要!
一般車に比べて上半身を使う割合が増えるため、下半身だけに負担がかかりません。
それにプラスして体重をハンドルに分散するため、オシリへの負担も減って痛くなりにくくもなるのです!
つま負担が少なく楽になるため、長い時間、長い距離を乗る事ができるようになります。

高い運動効果はスポーツバイクならではの姿勢が大きな理由です。


そして健康維持を目的として乗り始めた方の多くが、スポーツバイクのもう一つのメリットを知ることになります。
それは・・・「自転車って、楽しい乗り物なんだ」と。

今まではただの移動手段でしかなかった自転車が、こんなにも面白いものなんだと乗ることによって初めて気が付きます。

最初は別の理由があったとしても、乗り初めてその理由がだんだんと変わってくるのです。
なんでスポーツバイクに乗るのか? それは楽しいと思える乗り物だから。

そして楽しく乗れればより長時間乗るようになるため運動効果は更に高まり、体は健康! 楽しくて気分も良好でストレスもうまく発散できる。
そうすると更に乗りたくなって・・・
良いスパイラルが生まれてくるのです。

 なんであんなに高いの?
 スポーツバイクは高いとよく言われます。
確かに一般車が1~2万円ほど、物によっては1万円を切るような価格で販売されている事を考えると、安くても5万円前後するスポーツバイクは高く感じられるでしょう。

では逆に考えてみましょう。
なぜ一般車は1~2万円で販売できるのでしょうか?
大きな理由は生産コストを抑えることを最優先として作られているからです。
素材や形、生産の手間、流通方法等など、とにかく少しでも安くする事が一番の優先事項。

それでも移動手段として見ると、ちゃんと乗れますので問題はありません。

スポーツバイクがそれら一般車に対して高い理由、それは「ユーザーが末永く安全に楽しんでもらうための設計と生産、販売方法をとっているため」です。
そしてその品質を活かすため、販売店がきちんとした技術を持って車体を組み立てて販売しているのです。
サンクスサイクルラボでのバイクの組み立て手順へリンク(準備中)
つまりいい素材を使って手間ひまかけて作っているから、どうしてもコストが掛かるから値段も高くなります。

ここまでで一般車が安くて長持ちしない物のような書き方をしてしまいましたが、一般車でも長持ちする乗りやすい物はたくさんあります。
ただしそのような一般車は、やはりそれなりの値段がします。
手間をかけてちゃんと作ってある物はどんな物でもそれなりのコストが掛かるという事です。


まあ・・・スポーツバイクの中には数十万円や場合によっては100万円を超えるような価格の物もあります。
そのような車体の多くはある目的に特化した特殊な素材を使ったり特別な設計をしているため、その分コストも跳ね上がります。
車のF1カーのようなものですね!


 どんなスポーツバイクがあるの?
 スポーツバイクにはいろいろな種類があり、それぞれ得意な部分があって目的も違ってきます。
・クロスバイク

スポーツバイクの事始めに購入されることが一番多いモデル。
一般車に一番近く、軽くて普段の生活に馴染みやすい車種。
乗車姿勢もスポーツバイクとしては起き気味でラク。
車体の設計の段階で一般的な用途を前提にして設計しているため、カゴやキャリア、スタンド、泥除け等のオプションを付けられるようになっています。
車体重量も軽く、概ね12kg前後で設計されている車種が多いです。

・マウンテンバイク

山道を走るために設計されたモデル。
太いタイヤ、ショックを吸収するためのサスペンションが装備されていて、オフロードでの走行性能を高めています。
車体のイメージから街中での用途に向いていないと思われがちですが、実はスポーツバイクの中で一番乗り心地がよくて快適。
運動経験のない女性だとマウンテンバイクが一番気楽に乗り出すことができるかもしれません。
もちろんオフロード走行を目的としている場合はマウンテンバイク以外の選択肢はありません!
日常生活から一歩外へ出た「非日常」を味わうことができるのも、マウンテンバイクの魅力です。

・ロードバイク

別の呼び方で「ロードレーサー」と言われ、レースで勝つために設計されたモデル。
とにかく軽く、速く、人力で移動する乗り物の中ではおそらく最速です。
人間の少ない力を最大限効率的に使って走ることができるため、初めて乗った人は羽が生えたようだ!とビックリします。
ですがレースで使っている人は少数派で、多くのユーザーは長い距離のツーリングや高い運動効果を期待したフィットネスの目的で利用されています。
風を切って進む爽快感、遠くまで行くことで得られる達成感。
家の玄関を出てすぐにその気持ちよさを味わえるのも、ロードバイクの魅力の一つ。
男性のイメージが強いモデルですが、最近は女性のユーザーも凄いペースで増えています。
ちなみに日本では競輪とイメージが被ることがよくありますが、全く別の車種です。


・ミニベロ(折りたたみできる)

小さい車輪で車体の構造で折りたたむことができるモデル。
見た目が愛らしく、コンパクトに折り畳むことで車に積むことも自宅で保管することも楽にできるメリットが有ります。
価格によっては走行性能の高いモデルもあり、ロングツーリングの相棒として活用しているユーザーも多いです。

・ミニベロ(折りたたみできない)

車輪は小さいものを採用しているが、車体の構造には折り畳むための構造はありません。



どうやって買うのか? 
 まず大事なのはスポーツバイク専門店へ行く事。
同じ自転車とはいえ一般車とは設計が大きく違うため、専門の知識や情報を持った専門店で購入することが一番大事です。
サンクスサイクルラボのような専門店です!!

次にお店へ行ったら、次の2つの希望をお知らせください。
1.やってみたいことの希望
  ・ツーリング、サイクリング
  ・通勤通学
  ・フィットネス(健康維持の運動)
  ・お買い物
  ・競技(例えばロードレース、トライアスロン、ヒルクライム等)
  ・これらのすべて
もちろん何がやってみたいのかハッキリ決まってないという方も多いと思います。
その時はなんとなく! で全然OKです。
こちらから色々とインタビューさせて頂きながら、やってみたい事を一緒に探してみましょう。

2.予算
スポーツバイクを選ぶ時に重要なのが予算です。
初めての1台を買う場合、よほどはっきりした目的が決まっていなければ、入門用の価格帯を選べば心配ありません。
カテゴリーごとの入門用の価格帯